中山金杯

中山金杯、ラブリーデイ、レコードでの重賞初制覇

中山金杯、ラブリーデイ、レコードでの重賞初制覇

 

 

1月4日(日)日刊スポーツ賞中山金杯G3
中山11R芝右2000mCコース
4歳以上 国際 ハンデ 
1着賞金4000万円

 

 

1着 2ラブリーデイ
2着 4ロゴタイプ
3着 5デウスウルト

 

 

ラブリーデイが残り100mで、

 

先頭のロゴタイプを押し切ってしまいました。

 

すごい脚でしたというわけではなく、

 

上がり3F

 

34.2

 

という平凡な脚でした。

 

一方で、

 

ロゴタイプは、

 

34.6

 

この差0.4です、これは、大きい!

 

 

ちなみに、参考までに、

 

上がり3F最速は、

 

33.9

 

3着のデウスウルト

 

いい脚をしています。

 

次が、

 

34.0

 

5着のアイスフォーリス

 

10着のペルーサ

 

ペルーサは、8歳!

 

よく、がんばります。

 

だから、

 

上がり3Fは、単純に、1着と2着の相対比較だけです。

 

要は、1着の脚がそれだけ、早かった。

 

上がりは、それだけのことです。

 

 

ただし、

 

このレースは、レコード記録のレースです。

 

上がりだけではなく、全体のタイムが、

 

相当、早かったのです。

 

13年の皐月賞のロゴタイプのレコードを

 

破ったということです。

 

ところで、ロゴタイプは、今回も皐月賞と同じタイム

 

1.58.0

 

それで、2着、これは、致し方ないでしょう。

 

ラブリーデイ、

 

小回りの中山で、新しいレース展開を発見したか?

 

 

 

また、

 

ロゴタイプ、

 

ラブリーデイ

 

両馬とも、牡馬5歳、

 

今回は、斤量が1キロ、ロゴタイプの方が重かったので、

 

その差ではないか、

 

とも思えます。

 

 

ハンデ戦は、斤量を考慮する必要があります。

 

馬齢重量との差が大きい馬がトップハンデとなります。

 

競馬の着順を左右する要素です。

 

 

今回、トップハンデは、

 

2着ロゴタイプ

 

次は、

 

8着メイショウナルト

 

14着ラブイズブーシェ

 

ハンデがきいている、2頭じゃないでしょうか?

 

 

 

ラブリーデイ、馬齢重量との差なし。

 

デウスウルト、-2キロ

 

その差は、大きい。

 

 

逆に、

 

ロゴタイプ、

 

やっぱり、

 

その力を十分に発揮できたとみるべきでしょう。

 

 

 

■このレースから学んだ競馬の着順を左右する要素は?

 

 

ハンデ戦は、斤量を考慮する必要があります。

 

馬齢重量との差が大きい馬がトップハンデとなります。

 

 

 

■払戻金
単勝
2    610円 4人気
複勝
2    200円 4人気
4    170円 1人気
5    220円 5人気
3連単
2- 4- 5   16,690円
        25人気

 

 

1着、2着、3着がそれぞれ、

 

4番人気、1番人気、5番人気ですから、

 

それなりの確定配当となりました。

 

2番人気、3番人気が複勝圏外にすっ飛びましたが、

 

そんなに高配当でないのは、

 

おそらく、実力伯仲だから、

 

競馬ファンが、出走馬それぞれに、ばらけた投票をしていたためです。

 

 

 

 

 

競馬の着順を左右する要素とは何かをまとめています。

 

お時間のある人は、どうぞ、ご笑覧ください!

 

↓↓↓

 

競馬の着順を左右する要素とは?

 

おもな目次は次のとおりです。

 

競馬 予想の基本
馬柱(馬の成績)から読めること
馬の血統から知れること
オッズから読めること
馬券の組み立て方の基本