日経賞

日経賞、ウインバリアシオン、安藤勝己騎手が青葉賞で勝利以来の重賞制覇!

日経賞、ウインバリアシオン、安藤勝己騎手が青葉賞で勝利以来の重賞制覇!

 

 

3月29日(土)日経賞G2
中山11R芝右2500mAコース
4歳以上 国際 指定 別定
古馬長距離路線
1着賞金6200万円

 

 

1着ウインバリアシオン
2着ホッコーブレーヴ
3着ラストインパクト

 

 

ウインバリアシオン、安藤勝己騎手が青葉賞で勝利以来の重賞制覇!

 

青葉賞の後、どうしても、2着の壁を突破できないのか、
運の悪い馬だ、力はあるのに!

 

本レースも、昨年は2着でしたが、
ここへ来て、やっと、優勝しました。

 

ウインバリアシオン、4コーナーから直線にかけて、
大外から内へ切り込んで、先頭を奪うパワーは、

 

今までの鬱憤を晴らすかのように、
その力を惜しみなく発揮しました。

 

上がり33.9はメンバー中最速です。

 

ちなみに、
ジャスタウェイ、ドバイで6馬身差の勝ち方
世界一になりました。

 

ウインバリアシオン、
どちらもハーツクライ産駒です。

 

 

2着は10番人気ホッコーブレーヴ、
なんだこりゃ!
でした。

 

何故か、左回りばかり好走してきた馬ですが、
今回、初めて、右回りで、
大外から強襲しての2着に好走しました。
めぐり合わせで、レースの幅が広がりました。

 

 

3番人気ラストインパクトは、人気どおり3着
13番人気サトノアポロとは、タイム差なし写真判定でハナ差

 

川田将雅騎手に戒告
「ラストインパクト号の騎手川田将雅は,最後の直線コースで十分な間隔がないのに先行馬を追い抜いたことについて戒告。(被害馬:9番)」

 

9番はトレイルブレイザー
内ラチ沿いに無理やり、突っ込んだのでしょう。
あの程度では、降着とはなりません。

 

 

2番人気フェノーメノ
本番へ向けての調整レース、明らかです。
それでも、掲示板5着
休み明けでしょうが、たいした馬です。
本番では、期待します。

 

 

 

■過去の傾向から
◇人気◇
・1番人気は複勝率70.0%
・2番人気は複勝率60.0%
・3番人気は複勝率50.0%
<今回>
1着1番人気
2着10番人気
3着3番人気

 

◇馬齢◇
・4歳馬が連対率20.9%
・6歳馬が連対率16.0%
・5歳馬が連対率13.6%
・7歳以上は連対率9.1%
<今回>
1着6歳
2着6歳
3着4歳

 

◇所属東西◇
・関東馬が連対率22.2%
・関西馬が連対率9.7%
<今回>
1着3着は西
2着は東

 

◇前走レース◇
・AJCCが連対率30.8%
・有馬記念が連対率41.7%
・京都記念が連対率35.3%
<今回>
1着有馬記念2着
2着JC12着
3着小倉大賞典1着

 

 

 

■払戻金
単勝
10     200円 1人気
複勝
10     120円 1人気
11     960円 11人気
2     190円 3人気
3連単
10-11- 2    60,560円
        161人気

 

 

10番人気ホッコーブレーヴなんて、眼中になし
高配当になりました。

 

まったく、トンデモナイ馬が来たもんだ!!
だから、競馬をやめられない。

 

 

 

 

競馬予想の不可欠の要素を自分流にまとめています。
お時間のある人は、どうぞ、ご笑覧ください!
↓↓↓
競馬予想の基礎とは?