天皇賞(春)

天皇賞(春)、フェノーメノ、天皇賞(春)連覇の偉業を達成!

天皇賞(春)、フェノーメノ、天皇賞(春)連覇の偉業を達成!

 

 

5月4日(日)天皇賞(春)G1
京都11R芝右3200mCコース
4歳以上 国際 指定 定量
古馬長距離路線
1着賞金13200万円

 

 

1着フェノーメノ
2着ウインバリアシオン
3着ホッコーブレーヴ

 

 

フェノーメノ、天皇賞(春)連覇の偉業を達成!

 

人気では、4番人気でしたが、
それは、人気だけの話。
実力に関しては、人気上位3頭にひけをとりません。

 

人気では、
キズナが1番人気一本かぶり状態でした。
1.7倍
この数字は、1.3倍以下ほど鉄板ではありません。

 

例年、1番人気より2番人気3番人気が来るレースです。
しかし、今年は、違うぞ!
と思っていた人が多かったのでしょう。

 

ところが、
レースの結果は、やっぱり、例年と同じ、
1着には来ませんでした。

 

4番人気1着は、ここ10年では初めてです。
3番人気2着は、4回目
12番人気3着は、初めて。1着が1回ありました。

 

人気というのは、
実力馬が力を競う、レベルの高いレースでは、
特に、当てにならないようです。

 

これは、競馬予想に不可欠の要素です。

 

今回、着差
0.3以内に5頭、
0.5以内に8頭、
1.0なら11頭
入ります。

 

ゴール前の団子状態をレース映像で見ると、
実感できます。

 

1着から3着まで、タイム差なし
特に、2着3着は、写真判定で、ハナ差です。

 

4歳から10歳までの実力馬が激突する天皇賞(春)だけに、
他にレースとは、一味違います。

 

 

前走レース別に見ると、

 

日経賞9頭
ウインバリアシオン(1着)
ホッコーブレーヴ(2着)
ラストインパクト(3着)
フェノーメノ(5着)
サイレントメロディ(7着)
アスカクリチャン(8着)
ジャガーメイル(9着)
オーシャンブルー(10着)
アドマイヤフライト(12着)

 

阪神大賞典4頭
ゴールドシップ(1着)
アドマイヤラクティ(2着)
サトノノブレス(4着)
ヒットザターゲット(5着)
※3着バンデは、除外、残念!

 

産経大阪杯1頭
キズナ(1着)

 

大阪−ハイイブルグカップ1頭(1着)
タニノエポレット

 

ダイヤモンドステークス2頭(3着)
フェイムゲーム(1着)
タニノエポレット(3着)

 

京都記念1頭
デスペラード(1着)

 

ドバイワールドカップG1
レッドカドー(6着)

 

 

血統対決

 

ディープインパクト産駒3頭
キズナ(4着)
サトノノブレス(8着)
ラストインパクト(9着)

 

ステイゴールド産駒3頭
フェノーメノ(1着)
ゴールドシップ(7着)
オーシャンブルー(12着)

 

ハーツクライ産駒3頭
ウインバリアシオン(2着)
フェイムゲーム(6着)
アドマイヤラクティ(13着)

 

キングカメハメハ産駒1頭
ヒットザターゲット(15着)

 

 

 

1番人気キズナ、やっぱり、
ディープインパクト産駒にとっては、距離が長いのか?

 

武豊騎手のコメント
「・・・もうひとつある上のギアに入りませんでした。・・・」

 

おそらく、
ディープインパクトは、優勝していますから、
距離のせいではなさそうです。

 

もう一つ上のギア、
凱旋門賞では、ぜひ、期待します。

 

いや、まだ、早いですか?(笑)

 

 

2番人気ゴールドシップ、またも、出遅れ
この癖、なおりません。

 

 

3番人気ウインバリアシオン、また、2着?
確かに、日経賞では、久々の1着でした。

 

その前の1着は、2011年の青葉賞
引退した安藤勝己騎手が騎乗していました。

 

2011年の青葉賞1着から
2014年の日経賞1着まで、
2着5回、
3着2回
4着5着6着各1回
力はあるのですが、何故か2着なのです。
で、
今回、2回の乗り替わりに係らず、2着
精神的にも能力的にも優秀な馬です。

 

 

参考までに、除外馬3頭の前走の成績は、

 

サイモントルナーレ阪神大賞典7着ダイヤモンドS7着
タマモベストプレイ阪神大賞典8着
バンデ大阪−ハンブルグカップ3着阪神大賞典3着

 

やっぱり、バンデが出走していると、
結果は違ったかもしれません。

 

次走に期待します。

 

 

 

■過去10年の傾向
◇人気◇
※人気(度数)を度数順に表示
1着 2(3) 1/3/7/10/12/13/14(1)
2着 3/4(3) 2(2) 11/14(1)
3着 5(3) 4(2) 1/2/6/8/16(1)

 

    (1)勝率 (2)連対率(3)複勝率
1番人気 (1) 10.0(2) 10.0(3) 20.0
2番人気 (1) 30.0(2) 50.0(3) 60.0
3番人気 (1) 10.0(2) 40.0(3) 40.0
4番人気 (1) 0.0(2) 30.0(3) 50.0
5番人気 (1) 0.0(2) 0.0(3) 30.0
10番人気 (1) 10.0(2) 10.0(3) 10.0
11番人気 (1) 0.0(2) 10.0(3) 10.0
12番人気 (1) 10.0(2) 10.0(3) 10.0
13番人気 (1) 10.0(2) 10.0(3) 10.0
14番人気 (1) 10.0(2) 20.0(3) 20.0
<今回>
1着4番人気(初)
2着3番人気(4度目)
3着12番人気(初)

 

 

◇払戻金◇
2013年単勝 620円( 2番人気)3連単 111830円
2012年単勝15960円(14番人気)3連単1452520円
2011年単勝 1690円( 7番人気)3連単 189840円
2010年単勝 590円( 2番人気)3連単 911660円
2009年単勝 4650円(12番人気)3連単 221080円
2008年単勝 580円( 3番人気)3連単 13500円
2007年単勝 450円( 2番人気)3連単 306390円
2006年単勝 110円( 1番人気)3連単 4320円
2005年単勝 3510円(13番人気)3連単1939420円
2004年単勝 7100円(10番人気)3連複 211160円
(2004年は3連単はありませんでした)
<今回>
2014年単勝 1150円( 4番人気)3連単 211180円

 

 

◇枠番◇
※枠番(度数)を度数順に表示
1着 1/3(3) 4/5/6/8(1)
2着 8(5) 1/2/5/6/7(1)
3着 6(3) 2/7(2) 1/4/8(1)
<今回>
1着4枠(2度目)
2着6枠(2度目)
3着3枠(初)

 

 

◇前走クラス◇
    度数 (1)勝率 (2)連対率(3)複勝率
同クラス 161 (1) 5.6(2) 11.8(3) 17.4
<今回>
1着〜3着すべてG2(日経賞)

 

 

◇前走レース◇
       度数 (1)勝率 (2)連対率(3)複勝率
阪神大賞典(G3) 51 (1) 5.9(2) 5.9(3) 11.8
日経賞(G2) 45 (1) 4.4(2) 15.6(3) 20.0
産経大阪杯(G2) 24 (1) 8.3(2) 20.8(3) 29.2
大阪−ハ杯 25 (1) 4.0(2) 8.0(3) 12.0
京都記念(G2) 6 (1) 16.7(2) 33.3(3) 50.0
<今回>
1着〜3着すべて日経賞(G2)

 

 

◇馬齢◇
※馬齢(度数)を度数順に表示
1着 4(5) 5(3) 6(2)
2着 4/5(3) 6/7(2)
3着 4(3) 5(5) 6/7(1)
<今回>
1着5歳(4度目)
2着6歳(3度目)
3着6歳(2度目)

 

 

 

■このレースから学んだ競馬予想に不可欠の要素は?

 

人気というのは、
実力馬が力を競う、レベルの高いレースでは、
特に、当てにならないようです。

 

 

■払戻金
単勝
7    1,150円 4人気
複勝
7     310円 4人気
12     220円 3人気
6    1,470円 11人気
3連単
7-12- 6   211,180円
        401人気

 

 

1着2着3着各4番人気3番人気12番人気です。
1番人気が一本かぶりでしたから、
単勝は高配当、
3着12番人気が入りましたから、3連単も高配当になりました。

 

 

 

 

 

競馬予想の不可欠の要素を自己流でまとめています。
お時間のある人は、どうぞ、ご笑覧ください!
↓↓↓
競馬予想の基礎とは?